白い糸

創作物。詩、SS、nanaで作った声劇台本など。「禄田さつ」以外の場合もあります。

夕暮れ

ぼくはしんだ。
きみもしんでしまった。
あの日から終わってしまった二人の関係では
お互いを描いて尊重して、笑いあって、幸せを願う事なんてできない。
失敗してしまったのだ。

ぼくときみとの関係。
よく言うじゃ無いか。終わりよければすべてよしって。
どんなに綺麗な思い出があっても、終わりが悪ければ
ずっと脳裏に残ってしまうのだ。

もう、夕方だった。

一緒に歩いて行った坂道も
中々に綺麗で痛い思い出になっていた。
さっさと、君からも学校からも卒業してやりたい。
今日も、天気予報に負けた傘を振り回して歩く。
夕暮れが綺麗だった。